ある男愚行録

2024年03月03日

ARGYLLE/アーガイル

No.1752
『ARGYLLE/アーガイル』(2024)
☆☆☆☆☆

有名作家のエリーは、小説「アーガイル」シリーズの新作執筆に苦慮していた。ある時、列車で移動中、突如見知らぬ男たちに襲われ、同じ車両に乗り合わせていたエイダンと名乗るスパイに助けられる……

事実は小説よりも奇なりと、言わんばかりの自分が書いている小説の内容が本当にいるスパイ組織の暗躍にたまたま重なっていて、敵味方両陣営が物語の続きを執拗に待っている……だとΣ(゚∀゚ノ)ノエリーの幻覚症状?のせいでシリアスの場面でちょいちょい架空キャラのアーガイルが出てくるのは毎度笑ってしまうのはなぜだろう(笑)猫を入れる猫用カバン?!あんなの初めて見たぞ?!ただ、作中で猫への扱いが可哀想(泣)猫に罪は無いぞゴラァァァァァ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン そして、次々と明かされる真実と裏切り者たちによりもう誰を信用して良いのか分からないよ( ;∀;)終盤でのカラフルの大量ガスが放出されながらのガンアクションが最高に良いね!まるでキングスマンを思わせるようなオマージュ……最強のスパイ&レジェンドが手を組んだどうなるか存分に味わって逝けや(◎皿◎)え?最後に出てきたあの人は……本当にいたのか?!空想の人じゃなかったの?!そして、あの映画と繋がるわけか……4作目楽しみにしてます(*´艸`*)
13



このエントリーをはてなブックマークに追加
paradox1042 at 14:46│Comments(0)タイトル一覧 | 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ある男愚行録