アドルフ・ヒトラー

2020年03月29日

ワルキューレ

No.1290
『ワルキューレ』(2008)
☆☆☆☆

第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回以上の暗殺計画を潜り抜けてきたヒトラーとその護衛たちを前に大佐たちの計画は成功できるのか……

ヒトラーって敵国でも命狙われていて、国内にも敵がいるのか…どんだけ憎まれ役買ってるんだよ(;゚Д゚)!しかも、40回も暗殺未遂で無事に生き延びているとか……ヒトラーの運とその親衛隊の警護がよほど厳重だったんだろうな(´-ω-`)実話だけに大佐の計画のワルキューレ作戦は失敗すると分かってはいても見てるこっちもハラハラドキドキするわ(;´Д`)二度目が上手く成功し、各方面の軍人たちが反ヒトラー派に寝返っていればな~本当に惜しかったと思う。反逆者の末路はやはり処刑……彼らこそが真の愛国者です(`・ω・)ゞ
17



このエントリーをはてなブックマークに追加
paradox1042 at 00:22|PermalinkComments(0)